メッセージ

エコノハ株式会社 代表取締役 柳川知徳の写真

感謝される仕事が本当の仕事

当社はITサービスを自社の強みとして事業展開をしてきましたが、取り巻く事業環境がめざましいスピードで大きく変わる中、その変化を的確に予測し、迅速に、柔軟に対応することがこれまで以上に求められています。
この状況下で、当社は「お客様のお困りごとに対して、当社として何か支援・協力できないか」を常に考え、新しい事業及びサービスを展開してきました。

複数の事業及びサービスを展開する上で、最も大事にしている考えが、お客様や取引先、社内スタッフから「感謝される仕事が本当の仕事」であるということです。
この考えを実現するためには、社内スタッフ全員が、お客様を知り、自身の知識を磨き、探究心と好奇心を持ち続け、自分を高めていくことが必要だと考えています。
また、当社は社内スタッフが主役の会社づくりを追求し、社内スタッフの「物心両面での豊かさ」「生きがい」「仕方なくやる」から「やりたいからやる」を実現できる組織づくりを追求していきます。

すべての失敗は能力を高める機会であり、自由な行動のなかに結果に対する説明責任があると考えています。
さらに、当社では人材育成のさらなる強化を図ります。私たちの最大の資産は人材です。
国籍や人種、宗教、文化などあらゆる違いを受け入れ、互いに認め合い、社内スタッフが保有する優れた力を最大限発揮できる環境づくりに尽力します。
その結果、「感謝される仕事が本当の仕事」を実現できるものを信じています。

これからも、お客様の視点から、お客様に寄り添いながら、共に課題・問題点を共有し、解決策をご提供することを心がけ、「顧客への貢献」「社員の幸せ」「社会貢献」を実現したいと考えています。

当社グループの価値創造のあり方をご理解いただき、引き続きこれまでと変わらぬご支援とご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。